Access VBA入門 | Connection-Stateプロパティ(ADO データベース接続状態の確認)

Access VBA入門

公開日:2017年6月18日

Connectionオブジェクトは、ADOのオブジェクトであり、データベースに接続する際に使用します。

ここでは、データベースの接続状態を確認する方法としてConnectionオブジェクトのStateプロパティを使用する方法について解説します。

Connection-Stateプロパティ(ADO データベース接続状態の確認)【Access VBA入門】
目次

1.基本形

CN.State →データベース接続状態の情報取得(戻り値:Long型)

変数説明
CNConnectionオブジェクト変数。Connectionオブジェクトとして宣言して格納した変数です。
戻り値の定数(値)説明
adStateClosed(0)既定値です。データベースと接続していません。
adStateOpen(1)データベースと接続しています。

データベース接続状態に関する情報について上述の戻り値(Long型)を取得します。

2.使用例

Access VBA入門 | ADO-Connectionオブジェクト(概要)-3-2.使用例では、カレントデータベースに接続した後に、接続状態をメッセージ表示するプログラムを参考にして解説しています。ご参考ください。