古いPC(DVD-ROM、USBブート未対応)にOSをインストールする方法【「Plop Boot Manager」でUSBブート対応】

公開日:2017年5月16日

富士通のFMV-C8220というWndowsXPがインストールされているPCに新しいアプリケーションをインストールしたいのですが、WindowsXP非対応です。

そこで余っているWindows7をこのPCにインストールすることにしました。

しかし、この富士通FMV-C8220ですが、古いPCのため起動時に外付DVD-ROMやUSBを使用してOSをインストールすることができません(CD-ROMやフロッピーディスクなら可能ですが)。

そこで「Plop Boot Manager」というフリーソフトを利用して、USBブートを可能にすることでWindows7をインストールすることにしました。

「Plop Boot Manager」を使用して古いPCをUSBブートする
目次

0.参考情報

USBブート非対応のPCでUSBブートを可能にする「Plop Boot Manager」
USBブートできない機種で擬似的にUSBブートする-Plop Boot Manager

1.Plop Boot Managerのダウンロードと準備

Plop Boot Managerのダウンロードサイトより、最新版を入手(2017年5月16日時点では、 plpbt-5.0.15.zip)。

USBブート対応させたいPCに、ダウンロードしたファイルをUSBメディアで移動させて、デスクトップ上で展開します。

展開されたフォルダ「plpbt-5.0.15」を丸ごと、Cドライブ直下(C:\)に移動させます。

USBブート対応

2.設定

フォルダ「plpbt-5.0.15」→「Windows」と開き、中の「InstallToBootMenu.bat」を実行します。

USBブート対応

すると、C直下に「Plop」というフォルダが自動的に作成されます。また、これもC直下ですが「boot.ini」を開くと、情報が追加されていることが分かります。PC起動時に「Plot Boot Manager」が選択できるようになりました。

USBブート対応

3.PCを起動して動作確認を行う

PCを再起動すると、オペレーティングシステムの選択画面が表示され、WindowsXPの他に「Plop Boot Manager」が選択可能になります。

USBブート対応

ここで「Plop Boot Manager」を選択すると、下の画面になります。ここからUSBを選択すれば、ブートファイルを含むOSのISOイメージが保存されたUSBを差し込んでおけば、USBからOSインストール画面に進むことができます。

USBブート対応

このように「Plop Boot Manager」の使い方さえ知っていれば、古いPCであっても最新のOSをインストールすることが可能です。